第2回国際看護教育セミナー終了しました

8月25日(土)東京都看護協会で開催しました第2回国際看護教育セミナーは、おかげさまで無事に終了することができました。

arijisan

模擬授業では、私たちの身の周りの生活も世界の国々とのつながりによって成り立っていることや、東京オリンピック開催を控え、ますます日本で暮らす外国人の増加がみられ、グローバル化は今や私たちの生活の身近なものであることをお話ししました。
また、看護師国家試験対策のポイントを取り入れながら、限られた授業時間の中で学生にどのように国際看護に関心を持ってもらうことができるのかということをお話ししました。

ワークショップでは、実際に国際看護に関する授業を担当されているかた、JICAボランティア経験者や国際看護に興味を持って参加していただいたかたなど6つのグループに別れて、「どのように国際看護について興味や関心をもってもらうか」というテーマのもと授業案の作成を行ないました。

wa-kushop

楽しい雰囲気のなかで、活発な意見交換が行われ、たくさんのアイデアが発表されました。
私たちも、これからの講義でとりいれてみたいなと思うような新たなアイデアを発見することができ、みなさまとともに学びを深める時間を過ごすことができました。

発表

参加者のみなさまからのご意見やご感想につきましても、アンケート結果を整理して、ご報告させていただきたいと思っています。

残暑厳しい中、お越しいただきありがとうございました。

また、今回参加できなかったかたとも、次回お会いできることを楽しみにしております。

🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨🌎✨

ご参加いただいたかたから、JOCV 看護職ネットワークメンバーに看護体験談を話してもらう外部講師を依頼できますか?といううれしいお声をいただきました。
興味のある方は、Contactより詳細をご相談ください。
メンバーそれぞれが本業をもちながら活動していますので、日程などご相談内容によって対応させていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

広告